宅配クリーニングnavi

宅配クリーニングのおすすめランキング!料金や保管期間などについてご紹介しています。

クリーニングの基礎知識

宅配クリーニングは「喪服(礼服)」OK?

投稿日:

宅配クリーニングで喪服(礼服)のクリーニングをして貰うことが可能かどうかは、宅配クリーニングのお店によって異なります。

宅配クリーニングは、一般的なクリーニング店のクリーニングとは違い、急に礼服か喪服が必要になった場合でもすぐに返却してもらえないので注意が必要になります。

また、宅配クリーニングのお店によっては喪服や礼服のクリーニング自体を受け付けていないことがありますので、依頼する際は注意が必要になります。即日でクリーニングをして貰いたいのであれば、街中にある一般的なクリーニング店に依頼することをおすすめします。

喪服(礼服)のクリーニング方法について

喪服のクリーニング方法は、洗剤を使用し桶や洗面器に洗剤を溶かして押し洗いで洗濯していきます。

脱水については専用の洗濯機を使用し、適度に弱い力で脱水をします。

礼服や喪服は洗濯後にアイロンを使用して形が崩れないように整える作業をしますが、このアイロンをあてる作業が一番難しく大事な作業になります。

まず喪服や礼服はアイロンを直接あてるとテカリが出てしまう場合があり、テカリを出さないためにはあて布をきちんとあててアイロンをかける必要があります。

万が一テカリが出てしまった場合は、礼服や喪服として使用できなくなりますので、ご自身で選択される場合は注意が必要となります。

また、保管方法もクリーニングをした喪服や礼服には重要なことで、保管方法を誤ると喪服が痛みますので注意が必要です。

喪服や礼服の保管方法は、基本的にハンガーにかけて保管しますが、カビが発生しやすいクローゼットに収納する場合は、月に何度か開閉して風邪を通しておくことで喪服や礼服にカビが生えてしまうことを防げます。

喪服(礼服)のクリーニング代の相場はどれぐらい?

普通のスーツのクリーニング代の相場ですが、上下で約1000円以下のお店から約1700円くらいのお店とかなり幅があります。

一方喪服や礼服はと言うと上下で1500円から2500円と割高な料金になります。

この理由ですが、喪服や礼服はクリーニングをする際に「染み抜き」や「汚れ落とし」のほかアイロンがけの作業があり、特にアイロンがけの作業に置いてはテカリを出さないようにアイロンをかけないと喪服や礼服として使用することができくなるため、その分の手間賃として料金が普通のスーツより高くなっているのです。

また撥水機能などをオプションでつけることができるクリーニング店もあり、オプションを付けることでも値段が変動するためクリーニング代の相場はまちまちになります。

逆にオプションをつけなければその分安く仕上がりますが、仕上がりはオプションを付けた物より劣ります。

喪服(礼服)を宅配クリーニングに出した場合にかかる日数はどれぐらい?

喪服のクリーニングに必要な日数ですが、即日でのクリーニングに対応しているお店であれば即日でクリーニングを終えて手元に帰ってきます。

ですが、宅配クリーニングの場合は即日対応のサービスを行っているお店は少なく、3日から5日、長いと1週間程度かかる場合もあります。

大手の宅配クリーニング店「リナビス」では、依頼して5日後には礼服や喪服がクリーニングを終えて手元に返ってきます。

宅配クリーニング店「リネット」のようにプレミアム会員の入る最短2日で依頼した洋服が手元に返ってきます。

つまり、依頼するお店やサービスによって衣類が手元に返ってくるまでの期間に違いがあります。

また、リネットの上級会員になることでサービスとして優先的に喪服や礼服を仕立ててくれるサービスなどもあり、特別サービスとして手元に礼服や喪服が返ってくるまでの期間を短くしているお店もあります。

喪服(礼服)のクリーニングに出す頻度はどれぐらい?

喪服や礼服は一度袖を通して着用したらすぐにクリーニングに出すことが望ましいです。

その理由は、喪服や礼服は頻繁に着る洋服ではないため、長期保管している間に汗などが原因でカビが生えてしまうこともあるからです。

そのため、一度袖を通した後はなるべくクリーニングに出すようにしましょう。

また、喪服や礼服を着用する際は、カビが生えていないかを確認した上でを着用するようにしましょう。

喪服は基本的に出番が少なく、再度喪服を着る際に汚れが目立っていては使い物になりませんので、一度袖を通したのであればすぐにクリーニングに出すことが望ましいです。

だからと言って頻繁にクリーニングに出す必要はなく、汗汚れなどが無い場合はきちんと風通しや湿度を管理して保管おけばカビは生えませんので、クリーニング後の湿度管理には気をつけるようにしましょう。

喪服(礼服)は自宅でも洗える?

喪服は自宅でも洗うことは可能ですが、手洗いになる上、乾燥機もパワーを調整できる機能を有している乾燥機で弱い力で乾燥しないといけません。

また、最大の難所としてはアイロンがけが難しく、テカリが出てしまうと喪服や礼服としては使用できなくなるため、あて布をきちんとあててアイロンをかるの必要があります。

喪服や礼服の場合はアイロンがけが非常に難しいため、熟練されたクリーニングのプロに任せてしまうほうが安心です。

宅配クリーニングのおすすめ人気ランキング!料金や保管期間を徹底比較

スーツやワイシャツ、その他洋服や布団の洗濯やクリーニングでお困りの方に宅配クリーニングがおすすめになります。 宅配クリーニングと一口に言っても、業者によって「料金・サービス内容・保管期間」などが異なり ...

続きを見る

-クリーニングの基礎知識
-, , ,

Copyright© 宅配クリーニングnavi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.