宅配クリーニングnavi

宅配クリーニングのおすすめランキング!料金や保管期間などについてご紹介しています。

クリーニングの基礎知識 洗濯コラム

ダウンジャケットは自宅で洗濯できるの?知らないと後悔するポイントをご紹介

投稿日:

冬の本格アウターとして絶大な人気を誇っている「ダウンジャケット」ですが、アウターと言うだけにどうしても汚れてしまいがちです。

しかし、Tシャツのようにかんたんに洗濯できないのがダウンジャケットの難点でもあります。

また、ダウンジャケットと一口に言っても素材や形がさまざまで、料金も安いものから高級ブランドの「モンクレール・タトラス・カナダグース」のような高価なダウンジャケットなどさまざまです。

そんなダウンジャケットを洗うとなると、自宅で洗濯するのではなくクリーニング店に出すと言う方も多いと思いますが、ダウンジャケットはクリーニングの料金がそこそこ高いのでなるべく自宅で洗いたいと言う方も多いのではないでしょうか?

最近では、テレビや雑誌等のメディアでダウンジャケットを家庭で洗濯する方法などが紹介されていますが、失敗してせっかくのダウンジャケットをダメにしてしまっている人も少なくありません。

そこで今回は、ダウンジャケットを自宅で洗濯する前に知っておいた方が良いポイントをご紹介していきたいと思います。

ダウンジャケットが水洗い可能かチェックする!

まず、自分が持っているダウンジャケットが「水洗い可能」かをチェックすることは大前提になりますので、必ずチェックしてください。

衣類には「ケアラベル」が必ず付いていますので、水洗い可能かをチェックしましょう。

この時点で水洗いがダメな場合は自宅での洗濯は不可になりますので絶対にしないようにしましょう。

なぜなら、家庭用洗濯機では水洗いしかできないからになります。

ちなみに「水洗い不可のマーク」は以下になります。

上記のマークがダウンジャケットのケアラベルに記載されている場合は、自宅で洗濯できませんのでご注意ください。

稀に何も知らずに水洗い不可のマークがあるにも関わらず、自宅で洗濯してしまう方が居て、何も問題なかったと言う場合もあります。

しかし、ダウンジャケットを水洗いできたとしても、型崩れや風合いが変わってしまったりする場合がほとんどで、後悔する場合が多いので注意しましょう。

また、ダウンジャケットに付いているケアラベルに水洗い不可のマークが記載されていると言うことは、なにかしらの理由があるからになります。

そのため、ダウンジャケットを自宅で洗濯する場合は、必ず洗濯前にケアラベルをチェックし、水洗い不可の場合はドライクリーニングに出すようにしましょう。

ダウンジャケットの洗濯は失敗のリスクの方が高い!

ダウンジャケットの洗濯は失敗するリスクが高いので注意が必要になります。

家庭用洗濯機での洗濯が可能な衣類には、以下のような「水洗い可能」のカテゴリーに分類される表示が付いているものに限ります。

そして、選択可能なダウンジャケットには、下記のマークがほとんどの場合記載されています。

もし、あなたのダウンジャケットに上記の様な表示がある場合は、家庭洗濯が可能と言うことになります。

ダウンジャケットを家庭洗濯する場合のポイントとしましては、

  • 洗濯ネットを使用する
  • 手洗い(手洗いコース)する
  • 中性洗剤を使用する

になります。

この表示に関する意味は、「普段以上に注意深く洗濯する」と言うことになります。

ダウンジャケットはそれだけデリケートな衣類になりますので、いつも通りの選択方法ではダメにしてしまう可能性が高いのでご注意ください。

ダウンジャケットの家庭洗濯をおすすめしているサイトも稀に見ますが、手間と時間が相当必要になる場合がほとんどです。

それに、失敗のリスクもありますので要注意なのです。

ニット系の衣類でも、上記のマークと同じものが付いている衣類がありますので同じように洗えばいいと思っている方も少なくないと思いますが、ニットやセーターとダウンジャケットは全くの別物になりますので同じように考えていると失敗して後悔することになる場合もあります。

特に、ダウンジャケットの特徴でもあるボリュームがなくなってしまう失敗が目立ちます。

ダウンジャケットのボリュームダウンは型崩れはもちろん暖かさも半減しますので、もはやアウターとしての意味を成さない可能性があります。

せっかく見つけたお気に入りのダウンをダメにしてしまう前にプロに任せることをおすすめします。

ダウンジャケットの洗濯はプロに任せのが一番!

洗濯のプロと言えば「クリーニング店」ですね!

ダウンジャケットは、上記で説明した通り失敗のリスクが高く、仮に家庭で選択できたとしても手間と時間が非常にかかってしまいます。

そのため、ダウンジャケットを洗いたい場合は家庭洗濯ではなく、洗濯のプロであるクリーニング店に依頼するようにしましょう。

クリーニング店では、取り扱い絵表示をしっかりとチェックし、表地や裏地などの素材、生地加工、汚れの付着具合などを検品し総合的に判断して洗い方を決めていきます。

これはダウンジャケットに限った話ではなく、全ての衣類に該当します。

ダウンジャケットと一口に言っても種類はさまざまになりますので、一点一点洗い方も異なるのです。

そのダウンジャケットに合わせた最適な洗い方と仕上げを行いますので、まるで新品のように仕上がるのもクリーニングの魅力でもあります。

クリーニング店では、何通りもある洗い方の中からその衣類に合わせた洗い方を選択するために、専門的な知識や技術を持ち合わせた熟練の職人が必ず居ます。

洗濯のプロが洗うのと、家庭洗濯で素人が洗うのとでは当然仕上がりが違いますね。

ちなみにですが、クリーニング店ではダウンジャケットを水で洗いません!

クリーニング店では、ダウンジャケットを洗う際に「ドライクリーニング」と言う方法で洗います。

他にもウェットクリーニングと言う方法もあり、特殊なシミ抜きなどの技術を駆使し汚れをしっかりと落として綺麗に仕上げてくれます。

そして、しっかりと乾燥させてから最後に仕上げるのですが、この仕上げの工程がプロの技の見せ所になります。

ダウンは洗うことによってぺたんこになってしまうのですが、元のフカフカな状態に戻すためには熟練の職人にしかできない技術が必要になります。

お気に入りの大切なダウンジャケットであればあるほど、家庭洗濯ではなく、洗濯のプロであるクリーニング店に依頼することをおすすめします。

ウール系やツイード系のダウンは要注意!

特に表地がウール系やツイード系のオシャレなダウンジャケットを洗う際は要注意です!

この手のダウンジャケットは絶対に家庭洗濯しないようにしましょう。

あたりまえのことですが、表地と裏地の生地が違う素材になりますので、当然洗い方も異なるのです。

そのため、素人が家庭用洗濯機で洗えるほど単純なものではないので、必ずクリーニング店に依頼するようにしましょう。

ダウンジャケットのクリーニングの料金は高い

ダウンジャケットのクリーニングの料金は、ご存知の通り高いです。

ちなみにですが、地域やクリーニング店、オプションなどによって異なりますが、ダウンジャケットのクリーニング代は「平均4,000円」ほどになります。

この価格を高いと思うか安いと思うかは人それぞれではありますが、ワイシャツの料金が300円と考えると10倍以上になりますので一般的には高いと考えても良いのではないでしょうか。

とは言っても、家庭洗濯でダウンジャケットをダメにしてしまうことを思えば安いのかもしれませんね。

しかし、少しでも安く、例えばですがダウンジャケットのクリーニング料金が平均価格の4,000円の半額ほどで済むとしたらいかがでしょうか?

ダウンジャケットのクリーニング少しでも安く済ませたいと言う場合は、以下の記事が参考になると思いますので一度目を通してみてください。

ダウンジャケットのクリーニング代を安くする方法を大公開!節約と時短でお得

冬のアウターとして定番化しているのがダウンジャケットやダウンコートなどの「ダウン」を使用したアウターになります。 ダウンジャケットは誰もが1着は必ず持っているほど不動の人気を誇るアウターの一つではあり ...

続きを見る

まとめ

ダウンジャケットの選択には注意が必要位なります。

たとえ水洗い可能なダウンジャケットであっても、失敗してダメにしてしまう場合もあります。

そのためダウンジャケットを洗いたい場合は、プロのクリーニング店に依頼することをおすすめします。

宅配クリーニングのおすすめ人気ランキング!料金や保管期間を徹底比較

スーツやワイシャツ、その他洋服や布団の洗濯やクリーニングでお困りの方に宅配クリーニングがおすすめになります。 宅配クリーニングと一口に言っても、業者によって「料金・サービス内容・保管期間」などが異なり ...

続きを見る

-クリーニングの基礎知識, 洗濯コラム
-, , , , ,

Copyright© 宅配クリーニングnavi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.